ヴィオテラス Cセラム(ビオテラス Cセラム)のデメリット大公開!

未分類

皆さんは、肌に美容液って使用していますでしょうか?

化粧水や乳液だけでスキンケアしているって人も多いはず!
ですが、加齢とともに肌悩みは年々増える一方ですよね・・・。

そんな人にこそ美容液は使用するべきものだと、美容部員のお姉さんに教えてもらいました。

美容部員のお姉さんがおすすめしていたのが【ヴィオテラスCセラム】なんです。
調べると美容液の中でも上位に来ますし、ビタミンCが高配合なのですごく効果がありそう!

メリットもいっぱいあって、どの記事を見ても効果があった人が沢山いたんですよね。

でも、待って!
いくら効果が高い商品だろうと、デメリットが1つもないのはおかしいですよね?
購入した後にデメリットが見つかっては大変(泣)

ということで、今回ヴィオテラスCセラムのデメリットについて調べてみます。

①即効性はない

デメリット①は、ヴィオテラスCセラムには即効性はないと言うことです。

毛穴や美白、エイジングケアとしてヴィオテラスCセラムを購入する人が大半だと思います。
確かに、肌の質感や潤いなどの違いはヴィオテラスCセラムを使用したその日に感じる人もいるでしょう。

ですが、毛穴や美白などの効果には即効性は無いんです。

というのも、肌は約30日周期で新しい肌へと生まれ変わります。
つまり、どんなお手入れであろうと最速で1ヶ月後に効果が出るってことなんです。

それに最速で1ヶ月なので、最低でも3ヶ月は継続する必要があります。

肌のダメージは奥深くに蓄積していることが多いんです。
肌のターンーオーバーが正常にするのに、ヴィオテラスCセラムを1ヶ月続ける必要があるってことなんです。

正常になったからって次の日にキレイな肌になることは無いはずですよね。
それこそ、毎日ヴィオテラスCセラムを続けてスキンケアができるんですよ><

ダイエットもそうですが、1日や2日で理想の自分になれることは無いってことなんです。
即効性をヴィオテラスCセラムに求めている人は、残念ながら合わないと言えますね。

②毎日使用する必要がある

デメリット
デメリット②は、ヴィオテラスCセラムは毎日使用する必要があると言うことです。

パックのように、週に1回使用するだけで効果があるものでは有りません。

毎日のスキンケアの中に、ヴィオテラスCセラムを入れることで効果が発揮されます。
化粧水や乳液は皆さん毎日していますよね?

その化粧水や乳液と同じ用に、ヴィオテラスCセラムも毎日使用する必要があるんです。

週に1回や2回程度で良いと思っていた人は、使用方法を考え直してください。

ですが、毎日使用すればヴィオテラスCセラムの効果が発揮されると言うのは嬉しいですよね。
最初は根気がいるでしょうが、毎日ヴィオテラスCセラムでケアをしましょう。

③ヴィオテラス Cセラム(ビオテラス Cセラム)のみでは不十分

デメリット③は、ヴィオテラスCセラムのみではケアは不十分だと言うことです。

公式サイトを見ていて、たまに間違えているのがヴィオテラスCセラムのみでケアをしている人です。
レビューにも見かけたのですが、ヴィオテラスCセラムのみでのケアでは不十分だったと言う人がいました。

それは、ヴィオテラスCセラムが美容液だからなんですよ!
オールインワン化粧品のように、ヴィオテラスCセラムだけで効果があるものではないんです。

化粧水後にヴィオテラスCセラムを使用することで、化粧水の効果もヴィオテラスCセラムの効果も発揮されます。
最後に乳液で蓋をすることも忘れてはいけません。

ヴィオテラスCセラだけで、お手入れが簡単にできると思っていた人には残念な結果ですが頭に入れておきましょう。

ですが、いつも化粧水や乳液をしている人はヴィオテラスCセラムを間に入れるだけなので面倒ではないですよね。

まとめ

今回、ヴィオテラスCセラムのデメリットを調べて記事にまとめてみました。

私は、ヴィオテラスCセラムのデメリットを知ったことで、ヴィオテラスCセラムへの興味が更に深まりましたね。

デメリットを知ると言うことは、その分メリットにもつながると思います。
それにデメリットをしっかり理解することで、ヴィオテラスCセラムの使用に失敗が少なくなると思いました。

特に毎日使用することや継続することは頭に入れておかないと、即効性がないからと私も悪いレビューを書いてしまいそうですしね(笑)

それに、美容液の正しい使い方もヴィオテラスCセラムを通して理解できたように感じます。

今回、ヴィオテラスCセラムのデメリットを知ったので、今度は実際に使用してみたいと思います。

ヴィオテラスCセラムの体験談やもっと詳しいことは他の記事にまとめます。

気になった方は、私の他の生地も参考にしてくださいね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました